本文へ移動
ここから本文です
戦略・計画立案

アフターコロナを見据えた越境ECへの取組み

講座概要

アフターコロナを見据えた越境ECへの取組み

越境ECはコロナ禍においても売上拡大が続いている市場です。しかし、長引くコロナ禍、インバウンドの消失、SNSの普及等、市場環境が大きく変わり、越境EC市場も以前とは変化しています。これから市場参入を考える方に向けて自社リソースを活かした取り組み方を整理してお伝えします。

【Part 1】コロナ禍で変化した市場の動向
【Part 2】自社の強みやリソースを活かした越境EC展開

講師紹介

伊勢 公一

独立行政法人 中小機構基盤整備機構 中小企業アドバイザー 新市場開拓担当

BtoC向け、BtoB向けカタログ通販企業のバイヤーを経て、アマゾンジャパンの食品飲料ストアの立ち上げに参画。その後、国内のEC運営企業を経て、アリババ傘下のTmallジャパンで、日本企業の中国進出支援や戦略パートナー企業とのアライアンス強化に努める。2021年4月からは、中小機構で国内企業の越境EC・国内EC展開のサポートを行う。

伊勢 公一の写真