本文へ移動
ここから本文です
戦略・計画立案

越境ECで考えるべき国別・ビジネスモデル別の違い

講座概要

越境ECで考えるべき国別・ビジネスモデル別の違い

越境ECへの進出を考えている方に向けて、中国・アメリカ・イギリス・韓国・インド・ロシア・ASEAN(東南アジア諸国連合)のEC市場の特徴と、メーカー企業・仕入れ中心の企業の2つの業態別に、越境EC出店のポイントをお伝えします。

【Part 1】国別に見る海外ECの特徴
【Part 2】業態別の越境EC出店のポイント

講師紹介

天井 秀和

インフォマークス株式会社 代表取締役社長
ジャパンEコマースコンサルタント協会 JECCICA 海外担当理事
ネットショップ担当者フォーラム プログラム委員&編集顧問

スタートアップから年商100億円を超えるECサイトまで、20年にわたり、数多くのネット通販Businessの事業戦略コンサルティング、業務改善を実施。 世界各国の通販マーケットに精通しており、自他ともに認める【通販マニア】である。
近年は特に北米、ASEAN地域に根ざし、バンコクを拠点に周辺国への越境EC、ローカルECの運営代行を行っている。

天井 秀和の写真