本文へ移動

ebiz 中小企業のためのEC活用支援
ポータルサイト【ebiz】

ここから本文です
ECコラム

ネットショップに興味はあるけど何から取り組めば良いか分からない方、ネットショップで販路拡大を考えている方向けにECに関するノウハウや最新情報を発信していきます。

魅力的な商品ページ作りのポイント

2023/11/22 最終更新日・2024/03/26
※最終更新日時点の記事です
ECにおいては「商品ページ」が重要だといわれます。それは何故でしょうか。昨今のEC業界では大手メーカーが参入し、自社によるEC販売に本腰を入れる企業が続出しています。その中で、モール型ECでも、自社型ECでも、商品は価格競争が繰り広げられており、特に自社型ECではモール型EC以上の集客力と、単なる商品購入だけではない体験を提供することでユーザーを自社のファンとして囲い込むことが求められています。価格勝負になれば、お客様の取り合いとなり、収益は下がる一方だからです。更に、ウェブサイトの集客力、つまりユーザーを集めるために莫大な広告費をかけてたくさんのユーザーを集めても、来訪したお客様を購入に結びつけることができなければ売り上げを効率的に改善することはできません。そのため、価格以外で商品の魅力を伝え、お客様の購入の後押しをする「商品ページ」の重要性がますます高まっているのです。
  
 
ECサイトにおける商品ページの重要性

一人のお客様を獲得するには、「サイトへの訪問者数(どれだけ来訪してもらえたかの来客数など)」か「コンバージョン率(訪問者数のうち、購入した人数の割合)」を向上させる必要があります。この各重要指標に関与する施策の引き出しがどれだけあるか、ということも重要ですが、特に「商品ページ」は、ユーザーが商品をウェブサイト外で認知し、興味を持ってウェブサイトに来訪し、「接客を受ける場」になります。つまり、商品ページは購入の決め手になる最も重要な場所なので、コンバージョン率に大きく寄与するタッチポイント(顧客との接点)であるといえます。

「商品ページの改善」は、広告などで、高めた集客力を効率的に売り上げ・収益に結びつけるためにも、「お店の中で商品を手に取った」ユーザーに適切な接客を実施し、その場で購入に結びつける重要な施策なのです。


実店舗とECのメリット・デメリットを理解する

商品ページの接客要素を見直す為にも、実際に実店舗で買い物や接客をするときの流れをイメージしてみてください。お客様がお店に来たらおそらく「いらっしゃいませ」という挨拶はもちろん「季節の新作が入荷しました」「タイムセール実施中なのでお得ですよ」といった案内をしてお店に入ってきたお客様を更に店舗の奥に引き込むかと思います。

また、お客様が商品を見て迷っていたらどうでしょう。もちろん無視はしないと思います。おそらく、商品を手に取ったお客様にお声かけをし、迷っていたら「何かお困りですか?」「何かご不明点ありますか?」と伺い、アドバイスをするのではないでしょうか。リアルのお店では一般的な接客が、ECでも求められる場所が「商品ページ」なのです。
更に、実店舗で購入することと、ECで購入することではそれぞれメリットとデメリットが存在します。それぞれを、一例として洗い出しました(図1)。