マーケティング
講座概要

中国広告市場の現状を知り、”曖昧な知識”や”誤解”を払拭する

1.日中広告市場の現状と展望

中国の五大媒体の広告費は2012年に日本を上回る/EC市場の拡大に比例し、バーティカル検索広告の規模も急拡大/ECモール内広告とは(バーティカル検索広告・ディスプレイ広告)/メデイア別では「百度(BAIDU)」と「淘宝(TAOBO)」が圧倒的な売上

2.中国の広告市場が急成長している背景

経済発展=GDP成長による購買力の向上/インターネット人口の継続拡大/モバイルインターネット=スマートフォンの普及

3.中国国内の広告市場の今後の方向性

日本と比較すると、特にアドテク分野において中国は約1~2年程度遅れている/中国では、日本と異なり、多くの種類の異なるビッグデータ取得が可能

4.まとめ

講師紹介

吉田 康祐

2004年株式会社オプト入社、営業時代に社内MVP受賞、その後営業責任者、メディア責任者を務め、2010年より株式会社オプト執行役員就任。2015年4月より株式会社オプトホールディング執行役員。
現在オプトホールディング中国法人の代表も務め、昨年中国初の広告国家プロジェクトに外資企業としては唯一参画。
デジタルハリウッド大学大学院客員教授として、インタネットマーケティングも担当している。

吉田 康祐 写真
あなたにおすすめの動画
話題のオンライン動画