本文へ移動
ここから本文です

ネットショップの商品写真相談会
(オンラインZoom相談)

開催概要

概要 情報通信白書にも記載があるようにスマホが急速に普及し、モバイル端末によるインターネット利用が拡大しています。
重要なのはスマホの小さい画面でもユーザーに“伝わる”画像です。

ネットショップ(EC)において画像の存在感は絶大です。
画像がピンとこないと「一瞬で」「離脱」されてしまいます。
ちょっとした「テクニック」を学ぶことで商品写真は改善できるかもしれません。

◆売れているECサイトと自社のサイト、何が違うのか?
◆そもそも、どこがダメなのか?
◆プロに任せているはずなのに、ディレクション(指示の仕方)が違うのか
◆Instagramを使った集客でどんな写真が映えるのかわからない
◆ECサイトに使用する画像(カット)数と順番など、適当にやっていた
◆一眼レフとスマホカメラ、使い分けしたいけれどどうしたらいいの?
◆商品カットが難しい、正方形に収まらない、魅力が伝わらない
などなど。様々なお悩みに直面している方はぜひ今回の特別企画をご活用下さい。

EC活用支援アドバイス事務局では、通常のEC相談では伝えきれない「商品画像」にフォーカスした【特別編】を企画しました!

コロナ禍でリアルなワークショップが開催できない中、Zoomでの開催となりますが是非ふるってご活用ください。

【実施期間】
2月18日(金)~3月11日(金)毎週金曜日、各5枠
11:00~12:00/ 13:30~14:30/ 14:50~15:50/ 16:10~17:10/ 17:30~18:30

申し込み順に事務局でECサイトを確認させていただきご連絡します。
状況によってはお受けいただけない場合がございます。
通常のワークショップでも大変人気のあるコンテンツですのでご了承ください。

【相談概要】
・基本的にオンライン個別相談ですので、貴社内でECに関わる複数名が参加可能

・現在のECサイトやSNSの画像を見ながらアドバイスを行います。
 普段使用している機材を手元にご用意ください。
もっと良くなるための具体的テクニックなどをアドバイスします。

・貴社特有の悩みがあれば、事前に事務局までご相談ください。
可能な範囲で対応いたします。

【参加条件】
1)中小企業者であること

2)商品を販売していること
※※販売元ではなく、コンサルティングや代理業(販売代行、広告代理店等)としてサービスを展開している場合、本制度のご利用をご遠慮いただく可能性がございます。

3)すでにECサイトを持っているか、モールに出店していること。
商品写真がある程度の枚数入っていること。

4)ECサイトのコンセプトが明確であること
コンセプトが決まっていない場合、アドバイスができない場合がございます。

5)使用している撮影機材がスマホの場合、Zoomは別デバイスで参加することが可能であること。
主催 独立行政法人中小企業基盤整備機構
日時 2月18日(金)~3月11日(金)毎週金曜日、各5枠 11:00~12:00/ 13:30~14:30/ 14:50~15:50/ 16:10~17:10/ 17:30~18:30
会場 Zoom
プログラム
  • 商品写真に関するアドバイス最大1時間
参加者数

 <対象>

中小企業・小規模事業者等

※販売元ではなく、コンサルティングや代理業(販売代行、広告代理店等)としてサービスを展開している場合、本ワークショップへのご参加をご遠慮いただく可能性がございます。

 

<参加定員>

先着20名

 

<参加費用>

無料

 

<お申込みはこちら>

定員に達したため、受付を終了いたしました。
次回の開催は未定となっております。
 

<講師紹介>

中小機構販路開拓支援アドバイザー 山下 諭 氏



 

〇プロフィール

2006年 株式会社グレープサテライト設立、EC支援事業を展開。

2012年 撮影サービスを事業譲渡し、GMOグループにジョイン。店舗支援の事業部を立ち上げ、年間100本以上のセミナーを開催。

現在は小さいお店専門のコンサルタント兼フォトグラファーとして精力的に活動中。