本文へ移動
ここから本文です
事例集

海外ECバイヤー商談会出展者事例集

企業名:
株式会社健康ビジネスインフォ
代表者:
鄭 権
事業内容:
サプリメントの商品開発、製造、販売、OEM、輸出
Web サイト:
https://www.health-biz.info/

海外ECバイヤー商談会出展の経緯・理由

<海外経験(出展申込時)>



<経緯・理由>

これまでも何度か国内外で開催される中国向け海外展示会に出展してきたが、まだまだ中国バイヤーとの接触が少なく、かつソーシャルバイヤーのような個人で仕入れを行っているバイヤーが大半を占めていたため、なかなか成約まで至らなかったり成約したとしても仕入れ額が小さいなど非常に非効率であった。そのため、ソーシャルバイヤーだけでなく、複数の大手ECモールへ出店しているような仕入れ額が大きいバイヤーと多数接触できる場を探しており、本商談会への参加を決めた。

出展に向けた準備、商談会当日留意したこと

<準備>

販促物:ポスター、チラシ、サンプル(お試し1週間分、1回分)
    商品説明シート(日本語、英語、中国語、ベトナム語)
連絡方法:WeChatアカウント

<当日の留意点>

当社の商品はサプリメントを継続して飲むことで効果(髪の毛のつやが出たり、白髪が黒髪になるといった効能)が得られるため、その場で商品の効果を感じてもらうことが困難であった。それを解決するため、商品の使用事例(使用前後の比較写真)を提示しながら丁寧に商品の魅力を伝えることを心掛けた。

海外ECバイヤー商談会での成果

<出展商品>

・黒ツヤソフト
・ねむリラ
・剛SUGI(つよすぎ)
・乾杯のミカタ
・薬用黒ツヤ育毛剤
・ビューティーリセットプロエス


<販路先国>(主な国(地域))

・中国

<バイヤーの評価ポイント>

・2005年から商品の研究開発・販売を行ってきた。楽天やYahoo!ショッピングで定期購入型で販売しており、楽天では売上上位にランクインすることもあり日本国内での実績が高かった。また、購入者の8割がリピーターになっていることから商品自体の信頼性が高かった。2015年から当社Webサイトを見た中国人バイヤーや国内の商 社などからも問い合わせが増えてきたこともあり、現地での認知も高かった。
・商談会当日に使用した「商品説明シート」は、バイヤーが商品を販売することを想定して作成しており、バイヤー自身が 商品をよく理解できる内容になっている点もよかった。
・「ねむリラ」は、国内GMP認証工場で製造している。原料は北海道・新ひだか町のエゾシカを和漢素材としており、授乳中でも飲めることから商品に対する「安心」が評価されている。
・「黒ツヤソフト」は、白髪や髪質に悩みを持つ方が多い中、その悩みを解決できる効果があると口コミで広がっていた。(病気で髪にダメージがある方の髪質の改善にも役立った)

商談時の苦労・課題と解決への取り組み

<苦労・課題>

当社の商品は一般的な健康食品会社の商品よりも原価率が高い(20~55%)。商談会において、ソーシャルバイヤーのような個人バイヤーと商談する場合、仕入れ額が少ないにもかかわらず値引き交渉になってしまうケースが多いため、なかなか商談成立までいかない。

<解決への取組み>

主力商品のバージョンアップとして、販売価格、原価、利益を考慮した商品づくり(容量の変更等)を検討している。


今後の社としての海外販路開拓の取り組み、展望

・当社の商品は80%がリピーターの購入であることから、越境ECでの販売は非常に重要と考えている。今後、越境ECの販路拡大していくにあたり、海外モール(中国:天猫国際、東南アジア:LAZADA等)への出店による直販(BtoC)を行いたいと考えているが、出店審査や保証金、出店後のEC運営を行う体制面が整っていないなど課題が多くあり、しばらくは卸業者を介したEC販売を中心に行っていく予定。そのため、中国や東南アジアへのEC販路を持つ卸業者と出会える場に継続して参加していこうと考えている。東南アジアについては、既にベトナムでは現地大手健康食品商社との取引があるため引き続き取引を拡大できるようフォローしながら、次は(現在話がきている)マレーシアを開拓したいと考えている。
・一方で2019年からは中国向けの実店舗販売を目指し、一般貿易での輸出を行える準備をしている。今後は越境ECに加え、実店舗販売を行える卸業者の開拓も行っていきたい。


海外ECバイヤー商談会とは
2019年9月9日に最新の越境ECサービス・ツールを提供する企業とのマッチングイベント「越境EC”まるごと”フェスティバル2019」内で、海外ECに販路を持つバイヤーと中小企業・小規模事業者とのマッチングを行う「海外ECバイヤー商談会」を開催し、越境EC(BtoC)において特に進出が難しい商材分野・対象国を中心に、海外ECバイヤーとの商談(BtoB)の場を提供いたしました。