本文へ移動
ここから本文です
事例集

「ラグビーブーム」を予想して3年前から大手モールに出店(EC活用支援アドバイス事例集)

企業名:
グッドメイク株式会社
代表者:
阿部まさ子
事業内容:
日用雑貨の卸・小売業
Web サイト:
https://store.shopping.yahoo.co.jp/goodmake/

支援内容

<支援名>

EC活用支援アドバイス

<EC経験(初回相談時)>



<相談回数>

5回

<内容>

①、②Yahoo!ショッピング、楽天の集客方法、SEOについて(面談)
③受注管理、物流面について(面談)
④配送料値上げへの対策とアウトソーシングについて、自社サイト構築の仕方について(面談)
⑤更なる販路拡大方法について(面談)

ECの現状

ウェブサイト画像1

<ターゲット>

①雑貨店:ターゲットは特に定めておらずロングテール戦略をとっている。
②ラグビー店:ワールドカップなどのラグビーブームによる新規ラグビーファンおよびコアなラグビーファン。

<対象国>

・日本国内

ウェブサイト画像2

<EC出店状況>

①雑貨店:Yahoo!ショッピング、Amazon、Wowma
②ラグビー店:楽天

<課題と対策>

①雑貨店
他社と差別化できる商品を仕入れられるかが課題である。メーカー仕入れが中心であり、中国メーカーが出展している展示会などに参加し、情報収集や小ロット仕入れを検討している。

②ラグビー店
ラグビーブームが去った後の商品の定番化や競合他社には売っていないレア商品の定期的な仕入れが出来るかが課題。また、ラグビーワールドカップ効果が想定以上であり、入荷待ちの状態が多かったため、東京オリンピックでは今回のデータを参考に在庫管理を行いたい。

①②共通
EC活用支援アドバイスを活用し、1日の半分を集荷業務に費やしていた状態をアウトソーシングに切り替えることで改善するなど、日々業務改善をしている。

ECの成果

商品画像タンブラー

<取扱商品>

①雑貨店:カラータンブラーなどの雑貨
②ラグビー店:各国代表のユニフォームなどのラグビーグッズ

<成果の要因>

約3年前から「ラグビー市場」に注目し、ラグビー専門店をYahoo!ショッピングに出店し、日本開催のラグビーワールドカップに合わせて、楽天にも出店し、販路を広げたこと。また、商品は並行輸入によって希少性を確保し、品揃えも日本代表だけでなく各国の代表も展開していることなどが挙げられる。

その他にも楽天内にラグビー特集ページを作り、プロモーションを行っているのも要因と考えられる。サービス面では日本サイズと海外サイズの対応表を商品ページに記載したり、早期発送対応で「ラグビーイベントで使用したい」というユーザーのニーズに応えることにより、多くの高評価レビューを獲得している。

今後の展望

①雑貨店
他社と差別化できる商品を見つけるために仕入れを強化したい。また、複数出店している中の1店舗を商材を絞ったコンセプトサイトに改装予定であり、ターゲットに合わせたサイト作りや品揃えを行い、展開していきたい。

②ラグビー店
東京オリンピックでは7人制のラグビーが行われるため、その関連商品の対応やコア層に対する定番商品の拡充、競合他社には売っていないレア商品の確保などを行っていきたい。
また、EC活用支援アドバイスで相談した内容を元に自社サイトを新たに構築することも検討している。
集客はインスタグラムを中心に、選手との交友関係を強みとし、ラグビーに関するコアな情報や商品の入荷情報などを発信し、フォロワーを増やしていきたい。


EC活用支援アドバイスとは

中小機構では、中小企業・小規模事業者の皆様がECを通じて、国内又は海外の販路が拡大できるよう、ECに関するアドバイスを実施しています。
詳細はこちらをご確認ください。
https://ec.smrj.go.jp/advice/