本文へ移動
ここから本文です

②越境EC入門セミナー「東南アジア編」

開催概要

概要 越境ECをこれから検討しているや具体的に進めている中小企業・小規模事業者を対象に、コロナ禍で急成長しているEC市場について、東南アジアの概況や注意すべきポイントをご紹介いたします。

本セミナーでは、ASEANにおけるEC市場の基礎の解説だけでなく、ASEAN地域への越境ECで大注目の「Shopee」「Lazada」の担当者によるサービスやEC事例紹介を行います。

【東南アジアのECってどうなの?】【売れている商品の特徴は?】などご関心がある方はぜひご参加ください。
主催 日本商工会議所、独立行政法人中小企業基盤整備機構
日時 10月8日(金)14時~16時20分
会場 オンライン開催(Zoom)
定員など 250名
プログラム
  • 13:30~14:00 受付

    14:00~14:10 事前アナウンス

    14:10~14:40 「東南アジアの越境ECトレンドを知ろう」
             講師:中小企業アドバイザー 横川 広幸 氏

    14:40~14:50 質疑応答

    14:50~15:20 「Lazadaについて知ろう」
            講師:Lazada Japan  Anan Meng 氏

    15:20~15:30 質疑応答

    15:30~16:00 「Shopeeについて知ろう」 
            講師:ショッピージャパン株式会社 安井 裕太郎 氏

    16:00~16:10 質疑応答

参加者数

 

<対象>

中小企業・小規模事業者等
コンサルティングや代理業(販売代行、広告代理店等)としてサービスを展開している場合、ご参加いただけない場合がございます。     


<参加費用> 

無料

<お申込み>

本セミナーの受付を終了いたしました。
お申込みいただいた方へのURL等のご案内につきましては、開催前日にお送りいたしますので、今しばらくお待ちください。 

 <講師紹介>

中小企業アドバイザー 横川 広幸 氏

eBay Japan創設メンバー以来約20年間越境ECに携わる。個人事業で82カ国に仏具を販売。日本のものづくり関係のNPO理事経験あり。現在、ジェイグラブ()で越境ECコンサルタントを勤める。

 

 

Head of Business Development in Lazada Japan

Anan Meng 氏

アサヒビール、アクセンチュアを経て、越境EC関連会社を立ち上げた経験から、東南アジア越境EC会社に入社。現在Lazadaにて日本越境セラー誘致を担当。中国、日本、米国、シンガポール在住経験あり。毎週末にタイ、マレーシア、インドネシアに通っていたほど東南アジアに熱意を持っている。

 

 

ショッピージャパン株式会社

アシスタントマネージャー 安井 裕太郎 氏

2020年よりShopee Japanにおける日本越境ECチームのアシスタントマネージャーとして、新規事業開発、マーケティング、日本企業や政府・公的機関との連携・渉外を担当。日本および米国の大学卒業後、JETROに新卒入構。JETROではシンガポール駐在を含む約9年間勤務し、海外におけるEC販売プロジェクトを担当。Shopee本社での勤務を経てShopee Japanに赴任し、現在に至る。

 

 

Zoomご利用方法:

①Zoomの利用方法 各自の端末からZoom公式Webページ「ダウンロードセンター」にアクセスし、Zoomアプリのダウンロードをして、インストールをお願いします。
https://zoom.us/download#client_4meeting     

②受講日前日にご登録された個人メールアドレス宛に主催者から当日参加用URLをお送りします。 

当日は上記でお送りした参加用URLにてご参加ください。

留意事項等:

アプリケーションをダウンロードしてご利用の場合、現在のZoomの仕様では、自動アップデート機能がありません。使用する際には、必ず事前にバージョンを確認し、最新版に保った状態で使用するようにご留意ください。

※Zoomに関するIDURLをメール、SNS等で拡散されることのないようにご注意下さい。

理由の如何を問わず、本コンテンツの複製(録音、録画、静止画でのキャプチャ等)は固くお断りしております。

ご使用のPC等の端末環境、インターネット回線状況等により映像または音声の途切れ又は停止する可能性がございます。あらかじめご了承下さい。

 

■個人情報のお取り扱いについて

お申し込みの際にご提供いただいたお客様の情報は、当該イベントの申込受付の管理、運営上の管理に利用するほか、開催にあたり必要な範囲で当該イベントの連携機関に提供する場合がございます。

 <その他にもセミナー実施中!!>
詳細はこちら