事例集

サイトのイメージとこだわりのレシピでワインビネガーの魅力を訴求

企業名:
:アサヤ食品株式会社
代表者:
杉山 弘子
事業内容:
業務用ワインビネガーの製造 、ワインビネガーの製造・販売 、ワインビネガー関連商品の企画・製造 、国産・輸入ワインの卸販売
Web サイト:
http://asayavinegar.shop16.makeshop.jp/

ECを始めようと思ったきっかけ

 新たなブランド(Asaya Vinegar)創設し商品を販売するにあたり、自社店舗が無かった事もあり、以前はホームページからメールフォームで販売を行っておりました。その為、ご注文をいただいた後は、決済のやり取りや、ご注文の確認など業務負担が大きかったです。また、決済方法が郵便振込か銀行振込だけだったので、カード決済や代金引換決済も導入したいと思っておりました。 今後、より多くのお客様への認知や、業務効率を上げる為にも、ネットショップを活用したいと思っており、丁度いいタイミングで助成金のお話を聞き、ネットショップを開設する事が出来ました。

実際に初めてみて難しかったこと

 当社を取材いただいたテレビ放送の放映日が決まっており、当日に間に合わす為に、新商品の容器の調達や商品の撮影、サイトの作成など非常に短いサイクルで行いましたが、なんとか間に合う事が出来ました。その苦労の結果、放映後はネットショップから1000個近いオーダーをいただきました。
 課題としては、予約注文商品だった為、急な出荷対応はありませんでしたが、納期の連絡メールや送り状の発行、納品書など、システムが一貫して繋がっていないので、送り状発送用の住所入力業務や、伝票発行など時間が掛かりました。スタッフも少ない為、もっと効率化ができるのであれば行いたいです。

ECに取り組む上で工夫した点

 初期に制作してもらったデザインが、当社のイメージに合わなかった為、自社でデザイナーを探し、ブランド感を崩さないように、ヘッダーバナーやファーストビューなど変更を行いました。ネットショップを立ち上げた後に、当社がTVに取材されました。その放映後、商品ページに画面キャプチャーなどを入れ、実際に放映された商品である事のアピールと、番組を見られていない方へも、興味関心を持ってもらえるような、ページのブラッシュアップを行いました。また、商品を使った料理レシピを掲載し、購買につなげる工夫を行いました。料理の撮影についても、小物の配置や光の当て方等を工夫しました。

今後の方針

自社で出来る集客として、ブログの戦略的な活用を考えております。まずは、ターゲットに沿ったカテゴリーを作り、それに基づいたキーワードを紐づけて、お客様の為になる情報を書きつつ、SEOとしても有効なコンテンツ作りを行う予定です。新たなECの販路として、Amazonへの出店も検討します。また、現在Makeshopでの自社サイト構築をしておりますが、デザイン性やコスト感を踏まえ、別サービスに乗り換える事も検討しまています。

 

専門家の意見

ネットショップで大きな付加価値が出せる

 製造までの苦労、写真映えするパッケージの工夫、国内唯一のワインビネガー専門の製造企業としての強みがあり、ネットショップで丁寧な説明をする事によって、何倍もの付加価値が出せる企業様と思いました。またネットショップ開設前に、実店舗が無い分、よりブランディングを重視されており、ロゴや写真のクリエイティブ、しずる感など、徹底的にこだわった結果、ネットショップにも素材が効率的に活用出来ておられました。   
 商品自体のポテンシャルが、まだまだ一般の方には伝わっていない為、今後、メディアやSNS、口コミによって、新たな市場開拓が期待できる商材だと思いました。
 課題としては、社内リソース不足による販路拡大のスピードや対応、受注後の伝票発行、納品書発行、一括メール送信などの業務効率化が必要と思いました。

(専門家: 高杉)